こども保険とは

こども保険とは


こども保険は、生命保険の養老保険の一種で、親に万一のことがあったときの死亡保障と、将来必要な教育費を貯めていく積立貯金を組み合わせた商品です。


こども保険には、こどもの年齢に合わせて満期が設定されています。

12歳満期、15歳満期、18歳満期、22歳満期などがあり、何歳を満期と設定するか、あらかじめ決めておくことができます。


大学にかかる学費を準備しておくためにこども保険が利用されることが多く、18歳満期がよく選択されています。


保険料は、こどもが何歳のときに加入して、何歳の時に満期とするか、満期保険金をいくらに設定するかによって変わります。

例えば、こどもが0歳のときに加入して、18歳満期で満期保険金を200万円とすると、毎月の保険料は約1万3000円となります。

また、12歳と15歳のときに、お祝い金として60万円の保険金が支給されます。


このように、小学校、中学校、高校への入学など、節目ごとにお祝い金(保険金)を受け取れるように設定することもできます。


大学入学時には、入学金や授業料などの学費が必要です。

国公立か私立か、理系か文系かなど、大学によっても学部によっても学費は変わりますが、一つの目安として大学入学時に200〜300万円くらいのお金を用意しておく必要があると言われています。


いきなり200万円貯めようと思うと苦しく感じたりしますが、子どもが小さいうちから、こども保険に入っておけば、無理なく学費を準備することができます。


また、こども保険には育英年金などの特約をつけることもできます。

ただし、こども保険以外に、親が生命保険に入っていて、十分な保障をつけていたら、育英年金特約は不要だと思います。

自分が加入している保険を総合的に考えて、こども保険の保証内容を組み立てて下さい。