外貨建保険とは

外貨建保険とは


生命保険の保険料を安く抑える方法の一つとして、外貨建保険を紹介します。

ただし、絶対に保険料が安くなるという保証がある方法ではありません。

為替リスクが存在しますが、円高になれば、保険料を安くすませることができます。



外貨建保険とは、生命保険の保険料を、日本円ではなく米ドルなどの外貨で支払う生命保険です。

円高になると、海外での買い物や、海外旅行費用、輸入製品などの価格が安くなることはよく知られていると思います。

保険料を外貨で払うことによって、円高メリットを保険料の金額に反映させることができるようになります。


貯蓄性のある生命保険は、保険料の一部を外国の金融商品で運用しているので、保険料を外貨で払えるものがあります。

終身保険や個人年金保険、養老保険がこれに当たります。


保険料の支払いに使うことができるのは、米ドルやユーロ、それに豪ドルが使えるものがあります。


生命保険の加入者は、円を外貨に両替して、外貨で保険料を払います。

生命保険会社は、外貨で受け取った保険料を、その外貨が使われている国の国債や公社債などに投資して運用します。


日本では長い間、超低金利が続いており、世界で一番利率の低い国になっています。

一般的に言って、外国の金融商品の方が高い利率で運用することができるのです。


生命保険会社が保険金を支払うときも、保険の受取人に外貨で保険金を支給します。

受取人は受け取った外貨を、そのまま外貨で運用することもできるし、すぐ日本円に両替することもできます。


特殊な生命保険ですが、外貨を使うことで予定運用利率が高く設定されていることが多く、最近では外貨建保険の契約数が伸びているそうです。


保険料の支払いは、一時払いか月々払いの積立型かを選択することができます。

日本円と外貨の交換が必要になってくるので為替リスクが存在し、保険料を支払うタイミング、受け取った保険金を日本円に替えるタイミングによっては、損をする場合もありますので、ご注意ください。