女性保険とは

女性保険とは


女性保険とは、女性特有の病気にたいする保障を手厚くした、生命保険のことです。

昔は生命保険は男性が入るもので、女性が入るのは珍しかった時代もありましたが、現代では働く女性はもちろん、専業主婦の方であっても女性も生命保険に入るのが普通になってきました。


例えば専業主婦のように、家系の収入を支えている方でなければ、死亡保険金はほぼゼロで、医療特約だけを手厚くするというのも賢い選択です。

このときぜひ考慮に入れて欲しいのは、女性保険です。


女性保険は、一般的な医療特約に加えて、女性疾患にたいする保障を通常の疾病より手厚くしています。


女性疾患というのは、女性のみが罹患する子宮ガンや乳ガンや、子宮筋腫、妊娠・出産に関する疾病や、男女とも罹患するが女性の患者の割合が高い貧血や、バセドウ病のような疾病を総称したものです。


例えば、乳ガン治療のために乳房の切除手術を受けた場合、乳房再建手術を希望する女性が多いです。

一般的な医療特約では、乳房再建手術は保証対象外になっている場合がありますが、女性保険では、給付金がしっかりもらえるようになっています。


また女性保険では、5年ごとに無事故ボーナスとして保険金が受け取れたり、先進医療の技術料を保障しているなど、女性が好む保障内容が豊富に用意されていて、選択することができます。