定期保険とは

定期保険とは


生命保険には大きく分けて、定期保険と終身保険があります。

まず、ここでは定期保険について説明します。


定期保険というのは、保障を受けられる保険期間があらかじめ決まっている保険です。

保険期間中に死亡した場合には、死亡保険金を受け取ることができます。

また、重大な障害を負ってしまった場合は、保険期間中であれば高度障害保険金を受け取ることができます。

しかし、保険期間を過ぎると保険は無効となり、保障を受けることはできなくなります。


生涯にわたって保障を受けられる終身保険に比べると、保険料は安くなります。

保険期間は自由に決めることができ、何歳まで保障を受けたいか、自分で選択することができます。


満期が来たら、新しい契約で更新することもできます。

基本的には掛け捨ての商品で、解約返戻金や満期保険金はほとんどありません。


しかし、働き盛りで子供が小さいうちに死亡した場合と、定年退職後に死亡する場合とでは、必要な保険金は大きく変わってきます。

若いうちは、十分な保険金が支給される定期保険を選択し、年齢やライフステージが進んで保険が満期を迎えたら、保障を小さくして定期保険を更新するということもできます。


定期保険は、貯蓄性のない商品ですが、生命保険に死亡保険金だけを期待するのであれば、上手に活用することで、必要な保障を安い保険料で受けることができます。


また定期保険には、更新しても保険料が基本的に変わらない前期型と、更新するごとに保険料が上がる更新型があります。

最近では、保険料が最初高くて、更新するごとに保険料が安くなる保険も出ています。


条件や保障内容はそれぞれに違いますので、加入する前によく確認しましょう。