生命保険と税金の関係

生命保険と税金の関係


生命保険に加入している人は、確定申告や年末調整の時に、控除申請をしましょう。

支払った生命保険料が、一定の上限値まで控除対象となり、その分税金が安くなります。


控除というのは、所得税や住民税を計算するときに、課税対象となる収入から支払った保険料を対象外として差し引いてくれる仕組みのことです。


自営の人は確定申告で控除申請を行えば税金が安くなりますし、サラリーマンの人は年末調整で申告すると、源泉徴収された税金の中からいくらかのお金が帰ってきます。


生命保険の控除は、一般の生命保険と個人年金保険の2種類があり、それぞれ一年間で払った(払う予定)の保険料金額によって、控除される金額が異なってきます。


一般の生命保険は、契約者や家族または親族が受取人となっている生命保険が対象となります。

財形保険や、住宅ローンなどの団体信用生命保険は、控除の対象になりません。


個人年金保険という名前でも、すべてが控除の対象になるとは限りませんが、保険料のほとんどすべてが将来の個人年金の積立に使われている保険であれば、まず控除の対象になります。


年末や確定申告の時期が近づいてくると、保険会社から保険料の控除証明書が届きますので、この控除証明書の原本を添付して、控除申請をしてください。


また、生命保険金を受け取る場合に、保険金が課税の対象になる場合があるので、注意が必要です。


生命保険の受取人が、被保険者の法定相続人になっている場合は、保険金に相続税がかかります。

また、保険契約者と被保険者が異なる場合、保険金に贈与税がかかります。

受取人が契約者本人の場合でも、保険金に所得税がかかります。


ただし基礎控除で、受け取った保険金が非課税になる場合も多いので、保険金のすべて課税対象になるわけではありません。

保険会社や税務署に相談して、正しい申告を行なって下さい。