生命保険のかんたんな仕組み

生命保険のかんたんな仕組み


生命保険を選ぶ前に、生命保険のかんたんな仕組みを理解しておきましょう。


生命保険には、主契約という部分と、特約という部分があります。

耳慣れない言葉で、保険に慣れていない人にはピンとこないかもしれませんが、そんなに難しい話ではありません。


主契約というのは、生命保険の核になる部分で、特約というのはオプション(おまけ)としてつけられる部分だと思ってください。


主契約には、死亡保険と生存給付、年金などがあります。

死亡保険というのは、被保険者が死亡した場合に支払われる保障です。生命保険と聞いて、一般の人がすぐに連想するのは、死亡保険だと思います。

生存給付とは、死亡保険とは逆に、被保険者が生存している場合に支払われる給付金です。一定期間ごとに支払われる場合が多いです。

生存給付も年金も、オプションではなく主契約の中に含まれます。


死亡保険は特に重要ですので、生命保険に加入するときは注意してください。

保険の種類によって、保険金が支払われる条件が異なることもあるので、加入する前に給付条件をしっかり確認しておきましょう。


特約は、死亡保険にオプションとしてつける保険なので、特約だけ入りたいと思っても、それ単体で契約することはできません。

主契約のおまけと考えてもいいと思いますが、保険商品の特性がよくあらわれるのも、実はこの特約だったりします。

死亡保険は被保険者が死亡しないと何も給付されませんが、病気やケガで急な入院が必要になったとき、医療費などを給付してくれるのは、医療特約です。

特約にはいろいろな種類があり、それぞれに特徴がありますので、死亡保険と上手に組み合わせて、自分に合った保険を選ぶことが大切です。


死亡保険は、生命保険の核であり、一番重要な部分ではありますが、特約をつけてより充実した保障内容にしたり、貯蓄性の高い保険を選ぶ方法もあります。


また、あらかじめ決まった期間以内に死亡した場合のみ死亡保障が給付される定期保険もありますので、保険の保障期間の確認も重要です。

どれだけ高齢になっても死亡保障が給付される保険もありますが、その分保険料は割高になります。

100歳で死亡したときに、40歳で死亡した時と同じ保障金が必要でしょうか?


自分の生活設計に合わせて、賢く保険を選びましょう。