生命保険の免責事由に注意

生命保険の免責事由に注意


生命保険に加入して、保険料もちゃんと払っているのに、死亡保険金が支払われない場合があります。

生命保険の免責事由のためです。

免責事由とは、保険金をめぐる犯罪を防止したり、保険会社の破綻を防ぐために、特別な場合は保険金を支払わなくてもいいと、事前に取り決められているものです。


一番注意しなければならないのは、告知義務違反です。

保険に加入する際、被保険者の健康状態を告知する義務があります。

しかし治療中の病気があるのに、ないと言ったり、既往歴を申告しなかったり、虚偽の申告をすると告知義務違反となり、いくら保険料を払っていても、生命保険の契約自体が無効となり、破棄されてしまいます。

このときもちろん、保険金はまったく支給されません。


また、保険の契約者がわざと怪我をしたり、保険金の受取人やその関係者によって契約者が殺害された場合、保険金詐欺とみなされ、保険金は支払われません。

もちろん保険金詐欺は犯罪ですので、逮捕・処罰されることになります。


そして、無謀運転をしたために死亡した場合も免責となります。

自動車を酒気帯び運転したり、無免許運転したりして死亡すると、道路交通法違反となり、保険金は支払われなくなります。


また生命保険に加入して一定期間内に、契約者が自殺した場合も免責となります。

自殺による保険支給の免責期間は、以前は1年が一般的でしたが、最近では自殺者が増加していることもあって、2年または3年にしている保険も多くなってきています。


最後に、犯罪を犯して死刑になる場合も、免責となります。


今まで述べたのは、契約者の側に問題があった時に保険金が支払われないケースですが、契約者にまったく問題がなくても保険金が支払われないケースがあり得ます。


非常にたくさんの人が一度に死亡する災害や事件の場合、保険会社の破綻を防ぐために、保険金の支払いが免責されてしまうのです。

大地震や津波、噴火などの大災害、戦争や内戦、革命による騒乱がこれに当たります。


生命保険に加入するとき、どういう場合に保険金が支払われないのか、免責事由を確認しておいた方がいいでしょう。