ガン保険とは

ガン保険とは


日本人の死因で一番多いのは、ガンです。

死亡原因は、ガン、心疾患、脳血管疾患という順になっており、日本人の3人に1人はガンで死亡する計算になります。


ガン保険は、日本人の最大の死亡原因である、ガンに特化した生命保険です。

ガン発症の診断を受けて、治療を受けた時に保険金が支給される保険です。

保証対象となるのはガンだけなので、普通の医療保険(生命保険の医療特約)より保険料は割安になります。


普通の病気と違い、ガンという病気の特性に合わせて、保険の保障内容も特徴的になっています。

例えば、ガンの治療には長い入院が必要になる場合が多く、その分治療費の負担もかなり大きくなります。

普通の医療保険では、入院の期間が長くなっても、あらかじめ決められた上限日数を超えた分は保証されません。

しかし、ガン保険ではどれだけ入院が長くなっても、給付日数に上限がなく、入院した日数分すべて保障を受け取る事ができます。


また商品によっては、ガン診断給付金やガン通院給付金などの特約を付けられる場合もあります。


ガンは喫煙などの生活習慣で発症するリスクが高くなります。

また、遺伝的にガンになりやすい家系もあると言われているので、心当たりのある人は特にガン保険への加入をおすすめします。