生命保険の加入条件とは

生命保険の加入条件とは


生命保険は若いうちに入った方がいいとよく言われます。

なぜでしょうか?


ほとんどの生命保険は無条件で加入できるわけではありません。

持病や既往症があると加入できなかったり、保証内容に制限がつくことが多いのです。

あるいは保険料が格段に高くなる場合もあります。

生命保険の必要性を感じて加入しようとしたときに、健康でないと必要な生命保険に入れない場合があるのです。

生命保険は、持病や既往症のない健康なうちに入っておきましょうということになるのです。


生命保険加入時にこのような制限や条件がつくのはなぜでしょうか?

生命保険会社の側から考えてみましょう。

これから生命保険に入ろうとしている人が、重い持病を抱えていたらどうでしょうか?

その病気が原因の医療費を保険金として給付しなければならないリスクが非常に高くなります。

病気になってから生命保険に入れるのであれば、保険料よりも給付金の方が多くなって、生命保険会社の経営は破綻してしまうことでしょう。


こうしたリスクを避けるため、生命保険会社は、加入する前に現在治療中の病気がないこと、過去一定の期間内に治療を受けたことがないこと、大きな疾病にかかったことがないことなどを確認し、場合によっては医師の診察や健康診断などを受診させて、加入希望者の健康状態を審査するのです。


生命保険への加入を考えていて、現在何らかの治療を受けているのであれば、完治してから加入手続きをとることをおすすめします。

治療中の病気があるのに、ないと嘘を言って加入すると、後で保険金が支払われるときに嘘がばれて、保険金がもらえなくなってしまいます。

保険会社はこういう調査を綿密に行いますので、嘘は必ず後でばれます。

高い保険料を払っていても、加入時の嘘が判明したら、どんなにごねても保険料は決してもらえません。


生命保険加入時の審査や、医師の診察時には、正直に今の健康状態を申告して下さい。

風邪を引いているとか、妊娠中とか、病気というほどのことではないと思っても、自分で勝手に判断せずに、審査する人にちゃんと伝えておくことが必要です。