生命保険の解約返戻金とは

生命保険の解約返戻金とは


解約返戻金というのは、生命保険を解約する場合に、保険会社から戻ってくるお金のことです。

今までに払った保険料の一部が返ってくるものだと思って下さい。


長期間保険に加入していると(保険料をたくさん払っていると)、解約返戻金も多くなります。

ただし、保険の種類によって解約返戻金がない場合もあるので、ご注意下さい。


解約返戻金が戻ってこない保険というのは、保険料がどのように使われているかによります。

保険会社は、契約者が払った保険料の中から事務経費などのコストを差し引いた金額を、保険金として積み立てていきます。


保険料から経費を引いたお金を付加保険料といい、その中で将来支払われる保険金の原資となるお金のことを純保険金といいます。

このように契約者が払った保険料は、すべてが純保険金となるわけではなく、いろいろな種類に分割されます。

このため、払った保険料がすべてそのまま解約返戻金として戻ってくるわけではないのです。


また、掛け捨て型の生命保険では、解約返戻金がなかったり安く設定されているかわりに、保険料が安くなっています。

逆に、定期保険や養老保険では解約返戻金が多いかわりに、保険料が高めになっています。


解約返戻金は、加入してすぐ解約してももらえません。

加入してから一定期間が経っていないともらえないのが普通です。

3年後に設定している生命保険が多いようですが、それぞれの保険によって違うので、解約する前に確認しておきましょう。

解約返戻金がもらえる直前に解約して一銭ももらえなかったということのないようにして下さい。


このように、生命保険を解約しても支払った保険料の全てが返ってくるわけではないので、特に保険を乗り換えるときなど、今の生命保険を解約するのが本当にいいのか、十分検討して下さい。