生命保険料を抑える方法

生命保険料を抑える方法


人生の中でも特に大きな買い物だと言われている生命保険ですが、なるべくなら保険料を抑えて、得をしたいものです。


生命保険料を抑えるのによく使われる方法に、支払方法の変更があります。

たいていの場合、保険料は毎月払うようになっていると思います。

しかし月払いのほかに、年払いや半年払い、一時払いといった方法があります。

一般に保険料はまとめて払った方が、割引されて安くなる傾向にあります。


月払いにしている保険料を、半年払いや年払いにすることで安く抑えることができます。

さらに余裕があれば、一時払いにするとさらに保険料がお得になります。


また、保険料をクレジットカードで支払う方法もあります。

この場合、保険料が安くなるわけではありませんが、保険料が引き落とされるたびに、クレジットカードで買い物をしたのと同じ扱いになるため、カードのポイントがたまっていくのです。

一回一回につくポイントはわずかでも、一年や一生の視点で見ると、けっしてバカにできない金額になります。


また、会社勤めをしている方は、会社を通じて団体払いにできる場合があります。

会社単位で大勢で入ることにより、団体割引がきいたり、保険料が給与天引きにできたりといったメリットがあります。


逆に、職場でよくあるケースですが、毎月集金払いにすると、保険料が高くなる場合があります。

集金のために人件費などのコストがかかるので、その分保険料が割高になってしまうのです。


それから保険によっては、喫煙習慣のない人や、加入時に健康な人は、保険料が安くなるものもあります。

そういう人は、保険金支給が必要な病気になるリスクが少ないために、保険料を割り引いてもらえるのです。


また、保険料が元々安く設定されている、通信販売形式の保険に加入するという手もあります。

ただこの場合、保険のパンフレットやホームページの宣伝文句をうのみにするのではなく、ちゃんと自分にマッチしている保障が受けられるか、十分調べてから加入する必要があります。