積み立て型保険とは

積み立て型保険とは


積み立て型保険とは、貯蓄性の高い生命保険の総称です。

終身保険や養老保険、個人年金保険などが含まれます。

また、生命保険に限らず、傷害保険でも満期返戻金のあるものは、積み立て型保険のひとつに数えられます。


人生の中でも特に大きな買い物の一つに数えられる生命保険ですが、積み立て型保険を上手に使って、生涯で支払った保険料より、受け取った満期返戻金の方が金額が多いということも、可能になります。


ただし、保険会社が運用した利率の実績によって、満期返戻金の金額が変わる場合もあるので、必ず満期返戻金が保険料よりも多く戻ってくると保証できるわけではありません。


終身保険には、積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険があり、積み立て型保険の中でも新しくて人気のある商品となっています。

これらは、市場動向や保険会社の運用成績によって、適用される利率が変化します。


掛け捨て型の保険とちがって、月々の保険料は高いけれど、一生の長い視点で見れば金銭的にお得になるという保険です。


ただし、貯金を毎月こつこつ積み立てていくようなものなので、保険料はどうしても高くなります。

収入や支出の変化で、保険料の負担が大きくなり、途中で解約したりすると解約返戻金として戻ってくるお金が、支払った保険料より少なくなることも多々あります。

こうなっては元も子もなく、最初から掛け捨ての生命保険にしておけばよかったと後悔するケースもあると聞きます。


自分のライフスタイルに合った、無理のない商品を選びましょう。