養老保険とは

養老保険とは


養老保険とは、保険期間内に死亡した場合は、死亡保険金が支給され、保険期間を過ぎて満期を迎えたら満期保険金を受け取ることのできる生命保険です。

保険期間が決まっているけれど、貯蓄性が高い商品で、定期保険と終身保険の性格を併せ持った生命保険ということができます。


子どもの学費を積み立てていく学資保険も、養老保険の一種となります。

保険期間内に万が一被保険者が死亡した場合は、死亡保険金を受け取ることができますし、満期まで保険料を支払い続ければ、満期保険を受け取る事ができるので、どちらにしても必要な学費を受け取ることができるのです。


貯蓄性のある商品なので、掛け捨て型の保険に比べると保険料は割高になりますが、積立貯金と生命保険を組み合わせた商品だと考えると、利用価値のある商品です。


学費のように、将来必要な額があらかじめわかっていて、今からそれに備えようというのであれば、非常に心強い味方になってくれます。

運用利回りも、一般的な金融商品よりは高めなので、その点でも有利です。


ただし、医療保障を手厚くしたり、保証内容を大きくすると、その分保険料が増えて貯蓄性が減ってしまいます。

将来必要なお金の準備には養老保険、保障を充実させるには別の保険を個別に入るとした方が、有利になるケースもあるので、ひとつの保険ですべてを賄おうとせずに、いろいろな商品を組み合わせて使うことも大切です。