三大疾病保障保険とは

三大疾病保障保険とは


三大疾病とは、日本人の死亡原因の上位である、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中という3つの病気を指します。

そして、この3つ病気に備えるための保険が、三大疾病補償保険と呼ばれています。


注意しておかなければならないのは、三大疾病のいずれかと診断されたらすぐに保険金が支払われるわけではないということです。

保険金が支払われるための条件が、それぞれの疾病ごとに決められています。


一般的な例では、次のような条件になります。

ガンの場合、医師からガンと診断されたら、保険金が支給されます。

ただし上皮内ガンや、悪性黒色腫を除く皮膚ガンについては、保障の対象外となります。


急性心筋梗塞は、60日以上の期間働くのに制限が必要と診断されたとき、保険金が出ます。

また、脳卒中の場合は、身体機能障害や言語障害などの後遺症が60日以上あると診断されたときに、保険金が支給されます。


三大疾病補償保険にも、三大疾病保障終身保険と三大疾病保障定期保険があります。

終身保険は一生を通じて保障を受けることができ、定期保険はあらかじめ決められた保険期間の間だけ保証対象となります。


ここで注意しておかなければならないのは、三大疾病保障保険は通常の医療保険とちがって、保険金を受け取った時点で契約が終わり、以降は新たな病気が発症しても保険対象外になる点です。


また、生前給付が受けられる保険もありますが、この場合保険料がやや高めになります。