保険金不払い事件について

保険金不払い事件について



生命保険に関する重大な問題として、保険金の不払いという事件が過去にありました。

保険金の不払いとは、保険会社が正当な理由なく、保険金を支払わないことです。


そんなバカなことが!と思うかもしれませんが、過去日本でも実際にあったことです。

非常に大きな問題となったのが、明治安田生命と富士火災海上保険が2005年に起こした、不払い事件です。

規模が大きく、内容も悪質であったことから、この事件をきっかけに保険金不払いに注目が集まり、保険業界で発生している他の不払い事件が次々と明るみとなりました。


保険金不払い問題の背景には、保険内容の複雑化があると言われています。

近年では生命保険の契約内容や保証内容が多種多様となり、同じ保険会社の同じ商品がそのときの潮流に合わせて、年々変化したり、細分化されていったりしています。


このわかりにくさが、契約不備を名目とした支払い拒否につながり、社会的な問題となりました。

特にひどいケースでは、契約者に何も問題がないのに、告知義務違反を捏造され、保険金の支給を拒否するという事件もありました。


現在では、保険金不払いは少なくなりましたが、問題が完全になくなったわけではありません。

生命保険の保険金を請求して、納得いかない理由で拒否された場合は、保険会社の言い分を鵜呑みにせず、消費者生活センターや生命保険協会保険相談所などに相談して下さい。