医療保険とは

医療保険とは


医療保険とは、医療特約の保障を大きく設定し、死亡保険金を少なく設定している生命保険のことです。


もしものときのことを考えて入るのが生命保険ですが、もしもというのは死亡した場合に限りません。

予想外の病気やケガにかかる治療費は、負担が大きいものです。

このとき医療保険の入院給付金や手術給付金は、心強い味方になります。

また、通院に掛かった交通費なども保障の対象になります。


私たち日本人は、病気の治療にかかる費用は、すべて健康保険の対象になるとつい思いがちですが、実はそうではありません。

近年では、がん治療などをはじめとして、先進的な医療技術が発達しており、病状によってはこれらの最先端医療による治療が必要になる場合があります。


しかし、こうした先進医療は健康保険の対象外になっていることが多いのです。

先進医療による治療は、かかった費用がまるごと患者に請求されることとなり、数100万円の費用がかかる場合もあります。

このため、先進技術による治療を受けられずに諦めてしまう患者も多くいるのです。


医療保険の中には、こうした先進医療にかかる治療費を保証しているものがあります。

ただし、どんな先進医療でもサポートしているわけではないので、保険があるからと勝手に安心してしまわずに、治療を受ける前に確認する必要があります。


医療保険に入るときに必ず確認しておかなければならないのは、1日当たりの給付金の他に、保証の対象となる入院期間が最大で何日までなのか、そして何日以内の入院が保証対象外とされているのかです。

保険料が割安だと思っても、これらの条件がちがえば、まるでちがう話になってくるので必ず確認しておいて下さい。