収入保障保険とは

収入保障保険とは


収入保障保険とは、加入者が死亡したり高度障害を負って、収入が得られなくなってしまったときに、保険金を年金のような形で受け取れるようにした生命保険です。


残された家族にとっては、死亡保険金を一度にまとめて受け取るよりも、年金形式で毎月の生活費を支給される方がいいのではないか?と、考案された保険です。

ソニー生命が開発した保険商品ですが、現在では他の生命保険会社でも取り扱っているところが多くなっています。


保険金の支給され方が、大きく2種類にわかれています。

一つは、確定年金タイプと呼ばれ、加入者が死亡したあと、あらかじめ決めておいた回数だけ年金が支給されます。

残された家族は、この決められた一定期間の間、生活費を保証して貰えることになります。

確定年金タイプは、支給される年金の金額が決まっていて、基本的に増減することはありません。


二つ目は、逓減定期タイプと呼ばれ、保険期間が満了するまで年金が支給されます。

確定年金タイプとちがい、保険期間が過ぎると保険金を受け取ることはできなくなります。

逓減定期タイプは、支給される年金の金額が確定しておらず、時間の経過とともに年金総額が変動します。


収入保障保険は、基本的に掛け捨て型の保険となります。

満期保険金や解約返戻金は、基本的にありません。

また、保障期間が終わると医療特約もなくなるので、ご注意下さい。